もっとWebサイトの活用を。アフターコロナでデジタル消費は確実に増える

ブログ

ネットで売りたい

最近そんな声をすごくよく頂くようになりました。

理由はもちろん新型コロナウィルス

政府の自粛要請により消費者心理は大幅に冷え込んでおり、既に東日本大震災の直後を下回っていると言われています。今後はリーマンショック後の水準をほぼ確実に下回ると言われているので、経済に甚大な影響が出るのは間違いありません。

自粛と(実質的な)補償がセットになっていないので、資金繰りが間に合わず、潰れる会社やお店もどんどん増えてきていますし、失業者も今後増えてくるでしょう。

そもそも中小企業への支援規模は極めて小さく、個々の事情に合っていないうえに対応が遅いのでもたないんですよね。

潰れたあとでお金をもらっても既にその会社やお店は無いわけで。。

終息には数年を要するとの見方もあるので長期的に影響が残ると考えておくべきだと思います。

ただこういう中で同じ中小企業でも差が出たなと実感することがあります。

Webサイトを活用している企業とそうでない企業の差

飲食店などの場合、営業自粛で売り上げがほとんど0になってしまったという声もたくさん聞きます。

デリバリーで対応しているところもありますが、普段から対応していないところはしないよりマシという程度で、焼け石に水というところも少なくないようです。

ネットでデリバリーの告知を出したいんだけど、出来る?

これはある飲食店のオーナーから受けたご相談です。

しかし、残念ながらこの飲食店さんにはWebサイト自体がありません。

自社のWebサイトがあり、普段から集客の土台が出来ている場合は強いですが、そもそもWebサイト自体が無いところは、こういう事態になってから急に準備しても中々間に合わないんですよね。

もちろん何も出来ないわけではありませんがやはり自社のWebサイトが育ってないと弱い。

私は従来から、地方の中小規模事業者ほどWebサイトを活用すべきだと考えてきました。

都市部と違って人口が少ない地方では商売の規模に限界があります。

特に店舗で対面での販売しかしていないようなお店だと、元々少ないパイを狭い地域で奪い合っている状態なので、今回のコロナのような事態で売り上げが大きく減った時、あっという間に経営が悪化してしまい、最後は行政の支援に頼らざるをえなくなります。

ただ、こういう事態になっても国が助けてくれないのは今回の対応を見ても明らかです。

実際それでたくさんのお店が潰れ始めています。

しかし、その一方でWebサイトをしっかり活用できているところは強いです。

なぜならWebサイトで物を販売したり、デリバリーをしたり、ネットで集客の土台が出来ているところは(業種にもよりますが)全国対象に商売が出来るし、飲食店のデリバリーにしてもネット検索から注文をとれるので、店舗だけでは拾いきれない潜在顧客を集めることが出来る。

地方の中小企業におけるWebサイトの活用については

・地方の中小企業にはWebサイトすらいまだに無い
・Webサイトがあっても十分に活用できてない
・以前はホームページがあったがメリットが感じられずに閉鎖した

こういうところがまだまだ多いと感じます。

新型コロナが終息したとしても、今後もこのような事態はいつ起こってもおかしくはありません。

どういう状況になっても生き残っていける、そういう盤石の態勢を整えておくことが大事で、Webサイトを自社の売り上げに還元できるようにしっかりと活用するということも必要なことの1つではないでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました